過払い金ドットコムのロゴ

無料法律相談。事例Q&A

借金、過払い金について相談です。

友人に相談をされ、助けてあげたく相談いたします。
まだ知り合う前の友人の話ですが、平成16年に、友人が株の投資話を持ち掛けられまして、借金をしてしまいました。
その知人も、詐欺師に騙されていたそうで、警察に相談したとのこと。
最初からおかしな話だったとは、本人は今となっては反省していますが、知人を助けたい気持ちもあり借金をしました。
カードを渡してしまい、途中まで払ってくれていたそうですが、二、三ヶ月滞納、連絡がとれないと、自動的に名義人の友人に催促がくるわけで…カードを渡すこと自体もいけなかったのは、今は反省してるようですが、返しながら引き出しを繰り返したかどうかは、払ってもらっていた期間の明細がないのでわからないそうです。
おそらく返済が大変で出し入れを繰り返している気がします。
支払いが止まったころすぐに、カード再発行をし、遅延金など遅れながらも払い続けたそうです。
本人も色々無知すぎるところがあり、代わりに相談ですみません。
※A社50万円契約日が平成16年の9月12日
金利が27.375%遅延損害金年率29.200%毎月15000円平均の返済
今の元金は23万円くらい
B社が10万円だけですが
平成16年10月17日で
金利28.835%です
一年前に完済しています。
こちら遅延金等で最初は返済が大変なため、4000~5000円の返済10万円だけをこんなに長く払っていれば、過払いがでていますか?
他社もありましたが倒産し取り返せないため、B社も定額でも過払い請求したいそうです。
どちらも平成20年ぐらいまでは払ってもらっていて21年から自分ではらった明細2年分だけあり、あとは紛失しているそうですが、契約書はあります。
この資料でも、依頼可能でしょうか?
総額の依頼にかかる費用は、見積もりを無料でだしていただけるんでしょうか?
過払いでお支払いできれば、本人に負担が少ないのですが…1社が債務整理で1社が過払い請求になりますか?
料金の見方がわからなくてすいません…。
こちら江戸川区で、近くで依頼できるところを探しております。

  • 司法書士藤本事務所
    司法書士藤本事務所
    藤本 裕嗣

    すべての手続きが、過払い金の範囲内で済むと思います。

    A社について

    早い時期に極端に金利が下がっていなければ、残金はなく、過払い金が発生しているでしょう。

    B社について

    少額ですが、間違いなく、過払い金が発生しています。

    したがって、過払い金の範囲内で、すべての手続きは間に合うと思います。

    ただし、債権者によっては、過払い金の返還能力が弱いところもあります。

    債権者名を教えていただければ、詳しく説明できます。

    司法書士藤本事務所
    TEL03-6677-6947

  • 岡村法律事務所
    岡村 茂樹

    見積もりは概算でお示しします。事務所はさいたま市ですが,お出でいただくのは,原則,1回だけです。

    1.お示しいただいた内容からは,2社とも過払いの可能性があるようですが,判然とはしません。
    2.私の事務所では,弁護士が直接ご依頼をなさる方と1回は面談をして,内容を承ります。責任を持って業務を進めるためです。
    3.費用概算ですが,業者の主張している現在額(完済の場合はゼロ円)と,和解額(プラスで支払いが費露媼場合と,マイナスで返還を受ける場合)の差額の15%~20%が目安となりますが,手付金(事務手数料)として2万1000円程度を最初にお支払いいただく必要がございます。詳細は直接お問い合わせくださるようお願いいたします。

  • 司法書士行政書士 児玉事務所
    児玉 卓郎

    そちらからの正式な依頼があれば取引履歴事項をとりまして、過払いがあれば過払い金の返還交渉をします。過払いがない場合は利息制限法に直した金額に減額をします。減額金が一度に返せない場合は、1月に帰せる金額を設定して任意和解の交渉をします。着手金は1社につき金1万円で後は成功報酬で利益を得た限度の1割と通信費郵送費等の実費分です。取引履歴事項取り寄せるのには貴殿と債務整理について委任かんけいがないと取り寄せることは出来ません。

  • 伊藤法律事務所
    伊藤 芳生

    相談者の方の判断は正しいです。
    B社は完済済みですので過払い請求となります。また、A社は23万の残債がありますので債務整理に
    なります。
    そもそも過払い請求とは、現行の利息制限法(最大年利20%)と以前からある出資法(最大29.2%)の差額分を請求することを差します。
    費用面では、過払い請求は成功報酬型のものが主流のようです。また、債務整理は基本料金(1社3万円位)と、過払い金(現金でお返しできるお金)及び減額金(残債が減額になる)に対して成功報酬型の料金体系が多いようです。当方も同型の料金体系で行っています。
    資料については、契約書と一部取引明細をお持ちですので、取引履歴請求には充分です。

  • めざき司法書士事務所
    目崎 新也

    江東区の東陽町にある事務所です。

    A社・B社共に過払金が発生している可能性がありますので、手続きをとることをお勧めいたします。
    資料はなくとも手続きは可能です。
    当事務所は江東区東陽にございますので、江戸川区であればアクセスは良いかと思います。
    報酬・費用の見積もりも事前にお出ししますし、初期費用なしで過払金から報酬・費用をひかせていただくことも可能です。
    よろしければ一度ご連絡ください。

  • 松村司法書士事務所
    松村 正紀

    A社は減額、B社は過払いが見込まれます。

    A社は減額(場合によっては過払い)、B社は過払いが見込まれます。
    ただ、貸金業者も平成20年前後から法定金利に変更しているところもあり、
    どのくらいの金額になるかは、詳細を伺ってからにならないとお答えできません。
    (無料相談の後に、見積もり=もちろん無料=を出すことになります。)
    現在お持ちの資料だけでも、充分対応可能です。

  • 士道法律事務所
    飯島 充士

    ご返済状況にもよりますが、恐らく2社ともに過払い状態だと思われます。
    但し、当事務所は大阪市ですので、江戸川区近辺でのご依頼希望には該当しないと思われます。

    まず、ご依頼者との面談相談でないと受任出来かねますので、当事務所(大阪市)までお越し頂けるようでしたら受任可能です。
     ご友人の状況からA社・B社ともに過払いになっているものと思われます。
    但し、A社については、ご友人の方の返済状況等具体的な取引履歴を見ないと断定はできません。
    取引履歴に関しては、受任した弁護士が開示請求を行いますので、取引した事実が判るもの(契約書・支払領収書等)があれば大丈夫です。
    費用に関しては、当事務所の場合、着手金:21,000円/1社、成功報酬:実際に取り戻せた額の21%+減額報酬:債務免除出来た額の5.25%となっております。

  • 梶光夫司法書士事務所
    梶 光夫

    1.見積もりは無料でお出ししています。2.A社、B社とも過払い金が発生しています。

    1.A社は残債務額が23万、支払っていた年数7年、利率27.375%ですので、経験上6~7年その利率で支払っていれば過払い金が発生しています。
    2.B社は利率が28.835%、完済していますので、18%超の利息分が過払い金になります。

TOPへ戻る

ピックアップ事務所

埼玉大宮法律事務所
【相談料0円&費用分割可&全国対応&土日祝も受付中】過払金請求は着手金0円とし借金で悩んでいる方には費用面でも負担を掛けさせません

埼玉大宮法律事務所

一括相談リスト